賃金労働における自由とピンハネの根拠_象徴天皇

平成天皇は戦前生まれであり、父親の昭和天皇の仕事を見ていたであろうから、その仕事(第二次大戦に関する)を引き継ぐような意識が強かったのではないか。

今の皇太子が天皇を継ぐとなると、その象徴としての存り方も変わってくるのではないだろうか。

想像するに、新しい天皇は平成天皇のように戦争で亡くなった人、生き残った人達に向き合うという存在であるよりも、日本の家族の在り方を問うような存在になるのではないか。

母親の美智子さんも結婚を反対されて厳しい思いをしてきたみたいだし、雅子さんも病気になったりしている。その時、一番近くにいて彼女たちを孤立から守ってあげたのはその連れ合いだったはずだ。

昭和、平成とは違うリアリティというものを考えるとほかにネタがない気がする。

単なるセレモニーだけでは象徴は成り立たないのではないか。

もう天皇の制度にも限界が来ていると思う。

ましてや天皇を戦前回帰へのネタとして使うことなどとても無理な状況になってきている。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です