月別アーカイブ: 2017年11月

黒染め

女子高生の生まれながらの茶髪を教師が黒く染めさせるというこの倒錯。

しかしこの倒錯はその教師一人のことではなく、日本全体を覆っている倒錯だとみるべきではないか。

ルールがみんなのためのものではなく支配者のためのものになっている。

ルール通りに行動することのみに正当性を持たせ、そのルールの趣旨をそれぞれの局面において検討し判断することを放棄させる。

中間管理者は保身、責任逃れのためにひたすらのルールの厳守を部下に押し付けるだろう。(実際には建前や、忖度などを使ってもっと巧妙になってきているはず。)

現場において、そこに正当性を与えてくれるルールがあったとしても、小さな疑問も逃さず追求し、体を張ってしかるべき決断をするのか、それともルール順守よって得られる正当性の中で浮かび上がってくる矛盾に蓋をし倒錯の中に埋没することによってそれに気が付かなくなってゆくことを選ぶのか。